3つのⅭでサポートします!
税理士法人CCube池袋支社

池袋駅徒歩5分
  • 東京都豊島区東池袋1-25-14
  • アルファビルディング6F
TEL 電話番号
menuI

節税対策のポイント

そもそも「節税」とはなんでしょうか?

「節税」とは法律(税法)で認められた範囲内で合法的に税金が少なくなる方法を選ぶことです。

またその節税方法に「経済合理性」がない場合には、税務調査で認められない可能性がございます。

その可能性を極力0%に近づけ、お客様に合った節税方法をご提案してまいります。

節税方法としては4つの方法がございます。下記に簡単に4つの方法を記載いたします。

詳細はいつでもお問い合わせください。

1.お金を使わず、税金が減る方法

最も経営者にとって考慮すべき方法です。

単純に事前に届出を出しておくだけだったり、確定申告時に選択するものが多々ありますので一度ご自身の確定申告書をご覧になってください。今の税理士が有利に計算してくれているかが一目でわかります。わからない場合は、無料で決算診断をさせていただきますので是非ご連絡ください。

例:各種税額控除、消費税の簡易課税の選択、青色申告特別控除(個人)など

2.お金を使わず、税金を先延ばしにする方法

1の次に経営者が考慮すべき方法です。

企業は半永久的に営業を続けるものと仮定されますので、半永久的に続けている限りは節税効果があります。途中で適用を辞めた場合、その節税効果は薄れてしまいますのでご注意ください。

例:貸倒引当金など

3.お金を使って、税金が減る方法

これはお金を使った分、当然税金が減る方法です。

決算期末で資金に余裕がある場合に、ご提案させていただいております。

例:少額減価償却資産の購入など

4.お金を使って、税金を先延ばしにする方法

これはお金を使っても直接税金が減るわけではなく、2同様に半永久的に行う場合は、節税効果がみられる方法になります。

例:短期前払費用(保険、家賃など)の活用など